ブログトップ | RSS | Blog Top |

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

| Top |

2008年の毒書総括   

こちらもmixiより転載。2008年の毒書録総括。まずは2008のベスト3など・・・。

1. ほんたにちゃん / 本谷有希子
2. ストーリーセラー / 有川浩
3. 論理と感性は相反しない / 山崎ナオコーラ

今年は自分の中ではとにかく、本谷有希子さんの年だったね。
直接会う機会もあって、サインと握手をしてもらうという
ミーハーなこともしたっけ?とにかく彼女の作品にはまった
1年だったな。ほんとハズレがない。

自分のストライクゾーンど真ん中に来たって感じ。ただ好き嫌いが
分かれる作家さんだと思うんで万人にはオススメできないのが残念
なところ。ほんたにちゃんはマジ面白いから読んでみて。これを
読んで面白くなかったらあわなかったということで他の作品は
読まなくていいと思う。

2位のストーリーセラーは予想外の面白さというか、伊坂さん
目当てで買ったストーリーセラーという雑誌に載ってた作品で、
読んでみたら仕事行く電車の中で泣いてしまった。泣いた自分にも
びっくりだったけど、こんなに素敵な作品にであえるとは!って
しみじみ思った。図書館戦争とかもういいわとか思って途中で
投げ出してごめんなさい。こんな素敵な作品を作れる作家さん
だったなんて知らんかった。まだ単行本にはなってないので早く
出てほしいところ。

3位のはナオコーラさんの書き下ろし。彼女の感性は自分に
とても似てる気がして読みやすいのよね。他の作品もよかった。

次点としては、中田永一の「百瀬、こっちを向いて」や中村航の
「ぼくの好きな人が、よく眠れますように」といったところ。
森博嗣の「スカイ・イクリプス」もよかったな。本屋大賞には
上の3つで投票しようと思ったけど、2位のは単行本になって
ないから、中田永一の『百瀬、こっちを向いて』でも押しておこう。
吉田修一の『静かな爆弾』ってのもあったね。アレもいい作品だった。

というわけで、今年読んだ本 全85冊と現在の積読のリスト。
無駄に長いので、ここから先は暇な人だけ観てください。
年100冊の目標が数年ぶりに未達に終わってしまった。

More
[PR]

by Kurt. | 2008-12-31 10:17 | Books | Top |