ブログトップ | RSS | Blog Top |

1月の読書録   

1月の読書録いってみよ~!

読了

・人生劇場 / 尾崎士郎 ★★★☆☆3.5
・犬神博士 / 夢野久作 ★★★★☆4.5
・ドグラ・マグラ(上) / 夢野久作 ★★★★☆4.0
・ドグラ・マグラ(下) / 夢野久作 ★★★★☆4.0
・物語の幸福 / 片岡義男 ★★★☆☆3.5
・明日を変える近道 / 小山薫堂 ★★★☆☆3.0
・ラブホテル進化論 / 金益見 ★★★☆☆3.5
・草食系男子の恋愛学 / 森岡正博 ★★★☆☆3.0
・想像力の地球旅行 / 荒俣宏 ★★★☆☆3.0

森見編集長の角川文庫を中心に読んだことない作家さんや
興味のある本を手当たり次第読んだって感じ。夢野久作は
舞城に通じる面白さがあってよかった。角川の6冊全部読む
予定だったんだけど…。2月は好きな小説(新作)をいっぱい
読みたいけど、書評用とかに時間を取られそうな気配。
とりあえず2/7までにビジネス書をひとつ読まねば…。

more
[PR]

# by Kurt. | 2009-01-31 10:19 | Books | Top |

2008年の毒書総括   

こちらもmixiより転載。2008年の毒書録総括。まずは2008のベスト3など・・・。

1. ほんたにちゃん / 本谷有希子
2. ストーリーセラー / 有川浩
3. 論理と感性は相反しない / 山崎ナオコーラ

今年は自分の中ではとにかく、本谷有希子さんの年だったね。
直接会う機会もあって、サインと握手をしてもらうという
ミーハーなこともしたっけ?とにかく彼女の作品にはまった
1年だったな。ほんとハズレがない。

自分のストライクゾーンど真ん中に来たって感じ。ただ好き嫌いが
分かれる作家さんだと思うんで万人にはオススメできないのが残念
なところ。ほんたにちゃんはマジ面白いから読んでみて。これを
読んで面白くなかったらあわなかったということで他の作品は
読まなくていいと思う。

2位のストーリーセラーは予想外の面白さというか、伊坂さん
目当てで買ったストーリーセラーという雑誌に載ってた作品で、
読んでみたら仕事行く電車の中で泣いてしまった。泣いた自分にも
びっくりだったけど、こんなに素敵な作品にであえるとは!って
しみじみ思った。図書館戦争とかもういいわとか思って途中で
投げ出してごめんなさい。こんな素敵な作品を作れる作家さん
だったなんて知らんかった。まだ単行本にはなってないので早く
出てほしいところ。

3位のはナオコーラさんの書き下ろし。彼女の感性は自分に
とても似てる気がして読みやすいのよね。他の作品もよかった。

次点としては、中田永一の「百瀬、こっちを向いて」や中村航の
「ぼくの好きな人が、よく眠れますように」といったところ。
森博嗣の「スカイ・イクリプス」もよかったな。本屋大賞には
上の3つで投票しようと思ったけど、2位のは単行本になって
ないから、中田永一の『百瀬、こっちを向いて』でも押しておこう。
吉田修一の『静かな爆弾』ってのもあったね。アレもいい作品だった。

というわけで、今年読んだ本 全85冊と現在の積読のリスト。
無駄に長いので、ここから先は暇な人だけ観てください。
年100冊の目標が数年ぶりに未達に終わってしまった。

More
[PR]

# by Kurt. | 2008-12-31 10:17 | Books | Top |

11月の読書録   

記録として残します。というわけでだいぶ前のmixiの日記を転載。11月の読書録。

●アイスクリン強し / 畠中恵 ★★☆☆☆2.0

タイトルと装丁はとてもよかったのに、内容はイマイチ。
しゃばけシリーズが面白いから、期待してたんだけどね…。
ちょっと残念な感じ。設定はよかったのに…。

●元職員 / 吉田修一 ★★★☆☆3.0
吉田修一の犯罪小説。といっても悪人やさよなら渓谷とは
違った趣で、舞台はタイのバンコク。些細なことから
始まったある犯罪に手を染めた男。その心理描写が秀逸。
人はこうやって罪を正当化するんだね。いかん×2。

●チェーン・ポイズン / 本多孝好 ★★★☆☆3.5
本当に死ぬ気なら、1年待ちませんか?1年頑張ったら
ご褒美を差し上げます。ってそんな気になるコピーが
ついてるのがこの本。どうして彼らは自殺したのか?
謎が謎を呼ぶミステリー。本多孝好の久々の当たり作品。

●「考え方」の考え方 / 指南役 ★★★☆☆3.0
この本で日経MJの書評を書いてます。アイデアってのは
ある法則で生み出されるものなんだって。才能は必要なく
そのパターンさえつかめば誰にでもアイデアはだせるってさ。

●ラテラル・シンキング ★★★☆☆3.0
ロジカルシンキングの次はラテラルシンキングが来るらしい。
ラテラルってのは水平思考ってやつ。物事を深く突き詰めて
いくのがロジカル。まったく別の視点から見るのがラテラル。
自分はラテラルのほうが得意だな。

●フィッシュストーリー / 伊坂幸太郎 ★★★★☆4.0
試写会にいけることになったので、再読。やっぱポテチが好き。
黒澤の考え方には共感できるところが多い。ってこれは昨日も
いったことだね。ぼくの孤独が魚だとしたらってフィッシュ
ストーリーの出だしも、なんかいいよね。

●ジョーカー・ゲーム / 柳広司 ★★★★☆4.0
伊坂さんの推薦帯に惹かれて買ったスパイミステリー。
スパイ養成学校を卒業した精鋭がスパイとして活躍する様を
描いた小説。スタイリッシュな文体と、魅力的な登場人物に
惹かれて一気に読んじゃうこと間違いなし。今月のベスト!

●モダンタイムス(特別版) / 伊坂幸太郎 ★★★☆☆3.5
通常版に続き、特別版でも読了。内容は変わらないけど、
やっぱ絵は必要ないな。自分の頭の中でイメージしてた
キャラクターと絵のギャップが大きすぎて、なんか変な感じ。
小説を読むなら絵のないほうがいいと思ったよ。

積読 (優先順位順)

・永遠の終り / A・アシモフ(読み途中)
・終わりは始まり / 中村航(読みかけ)
・好き好き大好き超愛してる / 舞城王太郎(読みかけ)
・ディスコ探偵水曜日(上)/ 舞城王太郎(読みかけ)
・ディスコ探偵水曜日(下)/ 舞城王太郎
・アイデアのちから(献本)
・衝動買いしてもらう21の法則 (読みかけ)献本
・相手を洗脳する文章テクニック(読みかけ)献本

放置中
・28歳のリアル(読みかけ)
・ベストセラー小説の書き方(文庫) / クーンツ(読みかけ)
・キャラクター小説の作り方(文庫) / 大塚英志(読みかけ)
・ハリウッド脚本術
・2次会へは行くな(読みかけ)
・課長の教科書 / 酒井穣(読みかけ)
・村上式シンプル英語勉強法 / 村上憲郎(読みかけ)

結局今月は8冊で。合計が84冊。あと16冊ってこりゃ。
年100冊は無理だね。もういいや。って投げ出しモード突入。
別に無理して100冊を達成しようとは思わないんだなって
こういう性格なんだよね。適当。すぐに投げ出す。あきらめたら
そこで試合終了だよ。っていわれて、終了でいいです。
っていっちゃうような人間が、自分。ほんと最低!

そして、ここ最近は読書欲激減中。誰か面白い小説教えて。
あと乾くるみってのが男だと知ってびっくりした今日この頃。
って乾くるみ読んだことないんだけど…。
[PR]

# by Kurt. | 2008-11-30 10:14 | Books | Top |

勇気はあるか?   

シャクルトン 井坂好太郎 岡本猛

http://www.geocities.jp/g_kasso/
[PR]

# by Kurt. | 2008-11-25 01:46 | And more... | Top |

10月の読書録   

11月は読書強化月間!ってことで『アイスクリン強し』絶賛読書中。

10月の毒書録をアップしてないと思ったんだけど、10月は全然本を
読んでない。その数たったの5冊。それは書店員としてどうなの?
って思うのだけど、すぎてしまったことは仕方がない。
読んだのは下記の5冊。

読了
[PR]

# by Kurt. | 2008-10-31 11:57 | Books | Top |